モバゲー 小説

モバゲーの小説の人気度!

今は携帯小説はだれでも知っている無料で読める!しかも携帯からっというとても若者にはリーズナブルで書籍に触れる機会が出来るいいものになっています。それを大手SNSのモバゲーが始めているというものですから驚きました。

しかもその中には、モバゲー小説大賞などと言うものがあるようですね。よく掲示板などに、モバゲーの中のお勧めの小説教えて!!などと言う書き込みを見るようになりました。
子供が簡単に書籍を読めるという点ではいいことなのかもしれませんね。

この中に本物の小説家が混じって戦ってみたら面白いかもしれません。小説家だという事を隠してモバゲー小説大賞にいどむ!!それで素人と戦ってみるなんてとても面白そう!!
でも私と同じ考えの小説家がいてすでにやってたらもっと面白いですけどね。
ちなみに私はモバゲーのことをあまり知りません。でも最近ネットでニュースを見ていると、モバゲー小説がなんたらなんて書かれているのを見てちょっと調べてみたぐらいですので、ただ野次馬です♪

モバゲー 小説

モバゲーの携帯小説の勢い

モバゲーの携帯小説が非常に盛り上がっているようですね。今やケータイ小説といえば、大手・ベンチャーを問わず、多くの企業が参入している領域でもあります。それもなにも、若者からのアクセスが非常に多い!

その中でも会員数から相対的にみて、今ダントツに利用者が多いのがモバゲータウンで開催している「モバゲー小説大賞」かと思われます。
モバゲーに小説が加わったという事を聞いたときは、「クルな!」と思いましたが、まさがこれほどまでのアクセスが出る小説がそろっているとは思いませんでした。

そのモバゲーから書籍化されるものもいくつかあるようですが、その中からいくつかベストセラーが生まれそうですね。
モバゲーの利用者は10代が多いと聞くので小説といってもたいしたものじゃないだろうと思っていましたが、書籍化するとなっている事だと、それほど素晴らしいものなんだと思います。

ちなみに過去のケータイ小説で、大人気になり ⇒ 書籍化 ⇒ ベストセラー ⇒ 映画化 …となった作品には『Deep Love』や『恋空』などがありますが、どれもこれも、本当に泣けるものだと聞きます。私はあまだ見た事がありませんが、ちなみに私の意見だと、映画化や書籍かされるものは、必ず病気別れなどの恋愛物が多い気がします。

モバゲー 小説

モバゲーの小説書籍化

モバゲータウンでは今ちょ〜携帯小説が流行っているのを知ってますか?
もし、モバゲーの小説大賞に選ばれると、賞金100万ですよ?
小説かいて100万!!ありがたい♪

って事で若者から〜携帯小説ブームです!
モバゲーの小説は小説大会みたいなのをするらしく、その中で小説大賞に選ばれた作品、募総数約7500作品の中から、ユーザー投票および審査員による審査ののち、14歳から39歳まで、幅広い年齢層の作者が受賞したそうです。

14歳〜というのがすごいですよね。
14歳から小説の夢が開けているのであればうらやましいです〜
でもこの小説大賞に選ばれた小説の中から、盗作らしきものもあったそうです。それが一時期問題になって辞退したそうですが、、

モバゲーの小説のジャンルは幅広いので、結構楽しめます!
恋愛小説からファンタジー小説まで、多彩なジャンルがあり、暇な時なととても役立ちます♪

大賞からえらばれた12作品はその小説を書籍化するらしいので、いずれは、本屋さんでその小説を見る事もできますね。

モバゲー 小説

モバゲーの小説が盗作?

今はモバゲータウンはゲームだけでなく携帯小説まであります。モバゲータウンの携帯投稿小説は大変な人気で、その数1億ビューもあるというから驚きです!

今はやはり携帯小説の時代なのでしょうか。
そんなモバゲータウンの小説ブームですけども、モバゲータウンではそれぞれの小説の中で優秀なものにはモバゲー小説大賞などという賞を与えているようです。小説を書いてみたい!や、あの人の小説おもしろかったから私も書けるかな〜?などという感じで簡単に投稿できるので、いいですよね。

そのモバゲー小説大賞の2007年9月28日に発表されたモバゲー小説大賞優秀賞に選ばれた作品が、あるアドベンチャーゲームのシナリオに酷似していたという事で問題になっていました。

まぁ、素人が小説を書こうとすると、必ず何かに影響されてしまい、盗作のつもりはなくても、酷似してしまうこともあるようですからしょうがないと思いますが、
その数日後にこの小説の作者の意向によって、受賞を辞退したそうです。
これでどちらも反発してしまっていたらこの小説どうなっていたのでしょうか・・著作権問題??問題が大きくならなくて良かったですね。

モバゲー 小説

モバゲー小説コーナー1億ビュー?!

モバゲーの登録者数、アクセスともに半端ない数字だというのはお分かりでしょうけれども、その中の投稿小説コーナーだけで、1億ページビューに達するというから驚きです!携帯の中でも人気のある携帯小説がそれにモバゲーのアクセスが加わると当然そうなりますよね。

携帯小説は今やどこにでもある本屋ツタヤなどにも携帯小説コーナーが設けられているほどですから、モバゲーでも非常に人気なのでしょう。
でも携帯小説を批判する人もなかには大勢いらっしゃるようです。

モバゲーもわずか2年でここまで成長すると、その後どうなるか・・・
携帯版ヤフーのような存在になるのでは?と私はひそかに思っております。

さてさてそのモバゲーでも人気の高い携帯小説ですが、私も一度見てみました。
モバゲーは登録していても小説なんて見た事なかったのですが、これが結構面白い!携帯なのですが、短いという事はなく、結構なボリュームもありますし、中にはとても素人が著者だとは思えないものまでありました。

無料で小説が読める。これが今後若者の読解力に影響するといいと思いますがこのままの状態だといずれ未成年にみせてはいけない小説まで出てくるというハメになるでしょうね。



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。